コロナで家計が大ピンチ?今すぐできる簡単節約術を大公開!

コロナ禍の影響で収入が減ってしまった、“ステイホーム”の影響で光熱費がかかってしまう・・・
家計に関するこんな不安、ありませんか。
10月8日放送『みみよりライブ 5up!』では、家計の悩みを解決できる、今すぐできる簡単節約術を紹介しました。

(C)HOME 

|保険の見直しで家計の悩みを解消!
コープ高陽では、「ライフプランアドバイザー」に家計の相談をすることができます。
ライフプランアドバイザーは、将来必要となるお金を予測しアドバイスをする、人生の収支設計におけるプロフェッショナル。
生協といえば配送サービスのイメージですが、それだけじゃないんですね。

ライフプランアドバイザーの池上さんは「家賃や保険料、光熱費といった固定費を見直すことが家計改革につながる」と話します。

特に、医療保険料の見直しは注目されているそうです。
万が一、新型コロナウイルスに感染してしまった場合、医療費は公費ですが療養中の収入減は避けられません。
そんなとき、医療保険に入っていれば、入院せず自宅療養になっても、入院給付金を受け取ることができるんです。

加入している保険の内容や保障を把握していないことって、意外と多いのではないでしょうか。
これを機に、見直してみてはいかがでしょう。

コープ高陽内にある相談カウンター

 

|節約の達人が伝授する“節約セブン”とは?

家庭内の無駄を許さない「節約の達人」こと内田文(うちだ ふみ)さん。時短家事コーディネーターなど、さまざまな資格を持ち、講演会も行っています。
内田さん曰く、“今すぐできる節約セブン”があるんだとか。しかも、この節約セブンをするだけで、年間約3万円も節約できるとのこと。

その節約セブンとは・・・

① テレビ
テレビの映像調節設定で、明るさを調整。年間で約730円の節約になるそうです。
※節約費用の概算は、資源エネルギー庁調べ

② トイレ
便座のふたは閉めて、便座の熱を逃がさないことが大切なんだとか。
さらに、暖房便座と洗浄水の温度を下げておけば、年間約1,000円の節約になります。

③ お風呂
家族の帰宅時間がばらばらで、何回もお風呂を追い炊きすることってありませんか。追い炊きを1回減らすだけで、年間約6,000円節約できます。
さらにシャワーにも注目!1日1分少なくするだけで、年間約3,000円の節約につながります。

④ 冷蔵庫
冷蔵庫内の温度を季節ごとに変えることが大切。確かに、これから冬になるので、温度を下げすぎなくても良いですよね。
また、冷蔵庫内に食材を詰めすぎるのはNG!しかし、冷凍庫はお互いに冷やす効果が期待できるため、詰めた方が良いそうです。
また、冷蔵庫の上に物を置かないこともポイント。
年間で約4,000円節約できます。

⑤ 食洗器
手洗いで食器を洗うよりも、食洗器を使った方が年間約8,570円も節約できます。

⑥ 電子レンジ
電子レンジで野菜の下茹でをすることが節約につながります。葉菜や根菜などで節約できる費用にばらつきがあるものの、ガスコンロで火を通すのに比べて、年間で約3,000円の節約ができます。

⑦ 炊飯器
“今すぐできる節約セブン”の最後は、炊飯器を使った驚きの節約術。炊飯器を使って1度に3品もできちゃうんです。
※調理モードのある炊飯器を使用してください。

(C)HOME

 

作り方はとっても簡単!材料を切ってアルミホイルに包むだけ。あとは切った材料に下味をつけて、炊飯器でご飯を炊く準備をし、その上にアルミホイルで包んだ具材を乗せて、そのまま炊くだけ。

今回は、鮭のホイル焼き、ポテトサラダ、栗ご飯をつくりました。ポテトサラダは、ポテトを炊飯器で炊き、他の具材と混ぜ合わせて完成です。

 

固定費の見直しや、日々の生活でできる節約術がもりだくさん。楽しみながら家計の悩みを解消しちゃいましょう!

 

 

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』(2020年10月8日放送)
「藤原あずさの あざ〜す ゴーカイ(5回)ニューノーマル」
ライター 神原知里
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください。

LINE はてブ Pocket