【限界集落】広島県の田万里町でつくられた自然栽培の大豆から生まれた「豆乳クリームチーズ」

広島県の限界集落「田万里町」でつくられた自然栽培の大豆から生まれた「豆乳クリームチーズ」が販売されます!

豊かな自然に囲まれた、人口360名ほどの小さな田舎、広島県竹原市田万里町。人口の50%以上が65歳以上の高齢者で占められている「限界集落」と呼ばれる地域です。

高齢化が急激に進むこの地域で、既にここにある資源を無駄なく活用し、地域に暮らす人たちとチカラを合わせて「この小さな農村から大きな“おいしい”を届けたい。」という思いで発案されました。

 

田万里家「豆乳クリームチーム Ao/Shiro」

身体が喜ぶ自然栽培での大豆づくりにこだわり、農薬はもちろん化学肥料や除草剤も一切使用せず、丁寧に育てた大豆をメインに使用。大豆以外の素材もとことん「自然素材」にこだわり、化学調味料は一切使用せず、素材本来の旨味が凝縮された味わいに仕上がっているそう。

また、豆乳ならではの高たんぱく&低脂肪という特徴を活かし、植物性の食材を中心とした食生活の方も楽しむことが出来ます。

田万里家「豆乳クリームチーム Ao / Shiro」

<豆乳クリームチーズAo>
脂肪が低く甘味があり、栽培や収穫に手間暇がかかるため希少価値の高い大豆と言われている青大豆を贅沢に使用。青大豆特有の甘味をベースに広島産の酒粕とニンニクを加え絶妙なコクのある味わいに仕上がっています。鶏肉や白身魚を焼いた上にクリームチーズをのせ、トースターやオーブンで焼くといつもよりワンランク上の一品が楽しめますよ。

<豆乳クリームチーズ  Shiro>
たんぱく質や栄養素が高いのが特長の白大豆を使用。ふくよかな大豆の風味を残し、ブラックペッパーや白味噌などを加え、濃くパンチのある味わいに仕上がっています。パンやクラッカーにのせてそのまま食べるも良し、トースターなどで焼いて、さらに香りを楽しむのもおすすめです。

【豆乳クリームチーズの素材】
・大豆(自然栽培のものを使用)
・菜種あぶら(自然栽培のものを使用)
・白味噌(広島県内で自然栽培されたものを使用)
・酒粕(地元広島県竹原市の酒蔵のものを使用)※保存料不使用(ソルビン酸、ソルビン酸カリウム不使用)
※着料不使用(タール系着色料、及び自然着色料は一切使用していません)

 

こだわり抜いた豆乳クリームチーズ。一度味わってみたいですね。

購入URL: https://www.makuake.com/project/tamari__ya/

LINE はてブ Pocket