「DENIM CRAFT WORKSHOP with REKROW」をアンカーホテル福山にて11月14日より開催!

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA(所在地:広島県福山市、以下 アンカーホテル福山)にて、繊維産地の新たな取り組み・技術を知ってもらうワークショップ「DENIM CRAFT WORKSHOP with REKROW」が2021年11月14日より毎週日曜に定期開催されます。

作業着として着用することで生じるキズや破れ、色あせも「味」になる 作業着として着用することで生じるキズや破れ、色あせも「味」になる

2018年12月のオープンから一貫して、地元ものづくりの魅力発信に徹してきたアンカーホテル。これまでも、館内のインテリアや体験型宿泊プラン造成、館内での作品展示を通して国内外のお客様に地元の魅力を伝えてきました。そして今回、新たな取り組みとして、宿泊客と地域の方を対象に、ものづくり技術を体感できるワークショップを定期開催するとの事です。

 

普段気にしない縫製もいざほどくとなると大変です、が、無心に楽しめます 普段気にしない縫製もいざほどくとなると大変です、が、無心に楽しめます

本ワークショップは、ただのデニムアイテム作りワークショップではありません。
ワークショップ冒頭に、まず、福山が日本有数の繊維産地であること、産地が取り組むという点で日本唯一のサーキュラーエコノミープロジェクトであるREKROWについて、動画を交えてお伝えします。理解を深めてもらった後に、福山市北部で作られ、常石造船で約1年間着用されたデニム作業着を実際にほどき、解体してもらいます。簡単にほどけないひとつひとつの縫い目の正確さ、激しい動きにも耐えうる縫い方など。ほどき作業を行うことで、縫製技術の高さを身をもって知っていただくことを目的としています。そして、ワークショップの最後にはREKROWプロジェクトで生じたデニム端切れを使って思い思いのアクセサリーを作っていただき、お持ち帰りいただきます。

 

ワークショップで製作できるアイテムの一例 ワークショップで製作できるアイテムの一例

 


ワークショップ「DENIM CRAFT WORKSHOP with REKROW」について


開 催 日:2021年11月14日から毎週日曜日11:00-12:00
開催場所:アンカーホテル福山1階 「ANCHOR BAR」
参 加 費:おひとり1,000円(税込)
参 加 者:ご宿泊および一般のお客様
定 員:最大6名
予約方法:前日22:00までに、電話(084-927-0995)もしくはフロントにてお申し込みください
【ワークショップの内容】
①REKROWプロジェクトについての説明
②作業着の「ほどき」作業をしてもらい、縫製技術の高さを体感
③REKROWプロジェクト内で生じたデニム端切れを使用してアクセサリー作り
※これらすべてはホテルスタッフが対応します

お客様には一目一目 根気よくほどいていただきます 一目一目 根気よくほどいていただきます

「REKROW」プロジェクトとは


一般財団法人地域イノベーション財団が取り組み、株式会社ディスカバーリンクせとうちが運営を担う「REKROW」は2020年11月に発足し、広島県福山市を中心とする繊維産地で立ち上げた産地型サーキュラーエコノミープロジェクトです。この街で生まれたワークウェアが、WORKERの個性を刻みこの街に戻る。そして「REKROW」が創造する価値と 魅力をのせ、新たな形となり生まれ変わります。ものづくりの産地だからできること。この産地の魅力と新たなものづくりの発想を提案し、伝えていきます。
事 業 者:一般財団法人地域イノベーション財団
運営会社:株式会社ディスカバーリンクせとうち
公式 HP: https://rekrow-hiroshima.com/

 

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA(アンカーホテル福山)

国内外のお客様と広島・福山の文化をアンカリングする(繋いでいく)ことをコンセプトとして、2018年12月に広島県福山市に開業したホテル。中古ワンルームマンションからのコンバージョン、地域企業とのコラボレーションが、大きな特徴。「デニム」や「鉄」、「船具」といった地域コンテンツを取り入れた空間で、広島・福山の新しいデザインと文化に触れていただける街の“サロン”を目指し、地元客と観光客の新しいコミュニケーションの場を提供しています。第5回 福山ブランド認定済み。
所 在 地:福山市城見町1-1-10
電話番号:084-927-0995
公式 HP:https://anchor-hotel.jp/fukuyama/

 

 

デニムを通して福山の技術、そして魅力を学べるワークショップ、これは行きたい!!

 

ひろしまリード編集部

LINE はてブ Pocket